三毳山・カタクリ群生地

もう此処まで来れば・・・でも一寸休ませて カタクリの草原 花びらが白ずんで少し見頃を過ぎてました 浅草(7.10)--北千住(7.21)--(8.21)新大平下--タクシー--三毳山公園入口(9.30)--青竜ケ岳(昼食)(11.30)--カタクリ群生地--カタクリの里(14.00)--静和駅(14.16)…
コメント:2

続きを読むread more

城ヶ島ハイク・新老人の会

目を開けるのも大変、強風でいい顔が出来ません ルート図:これは調査時のデータ、今回は多少違います(画面クリック→拡大) 水っ垂れへの道・通行止めの看板(若くて元気な方は通行?) ウミウ展望台 馬ノ背洞門:尾根道からの遠景 【コース概略】 三崎口駅(9.51)--バス--(10.20)白秋…
コメント:2

続きを読むread more

塔ノ岳・回数登山

2009/12/31 回数登山に付いて関東エリヤでは金時山が有名ですが、当初、塔ノ岳に付いては知りませんでした、渋沢駅6時48分発大倉行きバス、電車の中、バスの中、行く度ご一緒になる方々、私が花立に着く前にもう降りて来ます、何度かお逢いする内に、回数登山の方々と判り、尊仏山荘での確認では、その数10名ほど、中には女性も居られます。 …
コメント:5

続きを読むread more

堂平ルート

堂平登山口(下は晴れてましたが・・・) 丹沢山頂は濃いガスに覆われてました(12月13日9時30分頃) みやま山荘に用事が有って、久しぶりに堂平経由で丹沢山に行って来ました、堂平は私の丹沢登りと、その後の無線機を背負っての山登りに嵌り込んだ原点の様な気がします、それ迄丹沢には皆様と同じ様に年に数度ほど登る程度でしたが、20年…
コメント:2

続きを読むread more

ネクタイ尾根

快晴の大山山頂 ネクタイ復活 案内表示も NO113境界標 「ルート軌跡」 2.3MB 年齢の事も有って、地図上の実線と点線ルート以外歩かない様にして居りますが、丹沢仙人のお一人から「大丈夫だから・・」と、仰って頂き此処も散歩ルートに加えて居ります。 好天でしたので、久しぶりに通って見ましたら、何と、遭難…
コメント:1

続きを読むread more

山小屋のサービス

塩見小屋 ここの所、環境対策の名の下に、ネットで山小屋の事が色んな形で話題になりますが、良い山小屋の条件を考えて見ました。 最近、山小屋で困る事は、一番はゴミの事です、特に困るのは小屋で貰うお弁当、小屋にも依りますが、最悪は前夜に作った冷たいボロボロのご飯の上に佃煮が載り、気持ちの悪いくらい黄色い沢庵の色に染まったご飯、半分…
コメント:2

続きを読むread more

トムラウシ山 遭難に思う

今度の遭難で気になったのは、知り得た情報からの判断では、今年は残雪も殆ど無く、天候にさえ注意すれば、楽に行けそうな気がしましたが、通信装備はどうなって居たのか?、ヒサゴ沼出発時「午後から晴れる」の判断、そして風速情報、お天気情報の入手はどうして居たのか、ずれの多い予報でも6時間先の予報は信用できます。 トムラウシ公園付近から …
コメント:0

続きを読むread more

篭ノ登山

先日やまやさんのブログ見させて頂いて、あの素晴らしい眺望を思い出し、梅雨の晴れ間 6月27日(土)に行って来ました、圏央道のお陰で、私の住んでいる大和市から小諸ICまで僅か2時間半、昔なら上野から信越線で碓氷峠を越えて・・・、良い時代になりましたね、何時も思いますが、明日目が覚める毎に進歩して行く時代、一日でも長生きして、進歩の恩恵に与…
コメント:2

続きを読むread more

石割山・石段は406段でした

記念写真 山頂から 5月の「新老人の会・山の会」のハイキングは20日石割山でした、新宿ハイウエイバスターミナル7時40分発富士五湖線平野行きで出発、10時前平野着、富士は少し霞んでは居ましたが、天候にも恵まれ素晴らしいお散歩でした。 実は、登りの石段ですが、皆さんのサイト検索でも正確な数は見つからず、登りに皆さんに…
コメント:2

続きを読むread more

日向薬師・お花見と関東ふれあいの道散歩

日向薬師境内 おさるさん 年を重ねると、一緒にお酒を飲む仲間がだんだん減って、現在はメル友の3人だけになってしまいました、今回はSさんの計画で、日向薬師から「関東ふれあいの道」を七沢までのお花見散歩、最後は地ビールレストランで乾杯の予定で開催。 7日11時30分伊勢原駅北口集合、バスで日向薬師終点まで、日向薬師では満開の桜…
コメント:2

続きを読むread more

石棚山稜

山稜からの眺望: 光、聖、赤石、悪沢、塩見、農鳥、間、北岳、仙丈、甲斐駒 石棚山稜は昭文社の「丹沢」登山地図に載って居るルートでは一番キツイ?、通って見て私もそう思いました、檜洞丸へは、つい歩きやすいツツジ新道利用で敬遠してましたが、前回の探検で見えて居て一度通って見たくなり、下りならばと今回挑戦して見ました。 檜洞丸から石棚山を通…
コメント:2

続きを読むread more

Grinpaのスケート場は小さな仮設リンクで営業中でした

此処からの富士山は、ほんとに、素晴らしいです 仮スケート場はホッケーコートの半分ほど 2月1日、日光霧降は前夜の吹雪?で開始時間が遅れそうと予測、今年始めて裾野のGrinpaにしました、9.00受付開始、入場して見てがっかり、有るのは小さな町のスケート場?、係員に聞いたら改修中で来年には完成とか、スケート場の角の一部だけ凍ら…
コメント:0

続きを読むread more

南房総花ハイク(高塚山)

南房総にはお花畑が点在 高塚山山頂 珍しい子連れコマ犬 山頂からの眺め:残念ながら・・・ 新老人山の会、1月のハイキングは、21日花の南房総へ行って来ました、東京駅八重洲南口バス停から8時20分発白浜行JRバスに乗って「潮風王国」下車、高塚山に登った後、お花畑の中を散策、潮風王国の「磯笛」で、「地魚のお刺身定食」…
コメント:0

続きを読むread more

鍋割峠 コシバ沢

鍋割峠 丹沢仙人さん達(丹沢では通常の登山道でない所を歩く事をご趣味になさって居られる方々の事を、私が勝手に命名させて頂いて居ります)のサイトや他の方々のサイトにも時々出てきます、寄-鍋割峠ルート、昭文社の地図には点線で記載が有り、一度通って見たいと思い、安全第一の私は資料の収集に時間が掛かりましたが、1月12日やっと行って参りま…
コメント:2

続きを読むread more

日光霧降リンク・今シーズン初滑り

天候が変わっても滑り続ける子供達:08/12/26 この日やっと男体山が見られました:09/01/03 左側男体山、その右が大真名子山:09/01/11 この日も関東エリヤは快晴、日光付近だけ雲が・・・ 毎年冬場はバランス感覚維持?の為のスケートです、最近、桟道渡りで、支えの無い所や長さが長い場合、怖く感ずる様に…
コメント:0

続きを読むread more

山の昼食・ランチパック

1泊以上の山での昼食、山小屋から弁当を頂いても、困るのは不味くて残した時、以前は途中の小屋で捨てられましたが、現在は最後まで背負って居なければならない事です。 それで、有る頃から、3日分ほどは、賞味期限は20時間?のコンビニのおにぎりを持って行く様にしてました、赤飯おにぎりは一番最後に回します、バーナーを持参して、ポリ袋に入れて輪…
コメント:2

続きを読むread more

陣馬山・新老人の会 山の会 2008年最終ハイク

11月19日 正午頃になってもこんなに良いお天気でした 今年の最終ハイクは、「信州・篭の登山」を予定してましたが、会報掲載の手違いで急遽「陣馬山」に変更、これも会報掲載には間に合わず、結局は参加は12名だけ、少し寂しいハイキングでした。 コースは、和田峠迄タクシー、山頂からは栃谷ルート経由で藤野駅迄、多少風は有りましたが天候に恵まれ…
コメント:1

続きを読むread more

大山・雷神社探検(後編)

雷神社・参道の登りは50°程に見えました 大山・雷神社探検・敗退の続編です、9月7日の探検で引き返した降りてすぐの鞍部、落ち着いてよく見ると、木の間から、建物の板壁が微かに見えて居るでは有りませんか、また、右方向や谷間方向のルート探しばかりして居たのに、左側にはっきりした経路、加齢に依る観察力と判断力の低下、つくづく感じました。 当…
コメント:2

続きを読むread more

木賊温泉

尾瀬の山々に向かう途中、R352を通りますが、木賊温泉の看板が見られ、若い方々の殆どが読めないので、老人の私は“トクサ温泉と読むんだよ”と、得意になります、以前から興味がありましたので、今回は帝釈山への前日、時間が有りましたので探検に行って見ました。 入り口 最近は、R352の木賊温泉入口から小峠を通り檜枝岐まで行ける舗装道…
コメント:0

続きを読むread more

吾妻小屋

昔の山小屋の風情を保つ吾妻小屋 二階が正入り口?、積雪対策?、その風情だけでなく、夜通しダルマストーブの火を絶やさないなどの心配り、食事は、私どもが食べることを忘れてしまって居たアケビの皮を使った小突け、山椒の実を隠し味にしたホイル焼きなど、心遣いの嬉しい食事、この地方では珍しく薄味、宿泊料の事も考えると、ネット上での人気の秘密が…
コメント:0

続きを読むread more