老人と山登りⅠ

西山林道の通行止めが長く続いて居て、暫く行ってませんでしたが、「鍋焼きうどん」が恋しくなり行って参りました、やはり、西山林道歩きは草臥れますね、老人の足ですので、二股まで約2時間、登りは大好きな小丸尾根でしたが、中程で、左足の付け根付近に痛みを感じましたが、もしかして股関節が原因?と思って、非常用持参の「芍薬甘草湯」(本来足が攣った時の特効薬)を服用せずに登りました。

【小丸尾根上部から・此処からの眺めが大い好きです】
画像


小丸到着まで2時間半ほど掛かりました、思ったより登山者が多く、20人ほどがの方々が追い越して行かれましたが、殆どの方々の目標が「塔ノ岳」との事でした。

【鍋割山頂・ベンチの皆さんもナベヤキ食べてます】
画像


小丸山頂付近は数日前の積雪が残ってましたが、鍋割までの下りは杖利用で、アイゼンなしで何とか到着、でも、ちょうど1時間掛かりました、到着後すぐに「鍋やき」を注文。
此処に来られるほとんどの方々がこれが目的、以前はご主人か一人で細々と続けて居られましたが「山ガール」出現の頃から登山者が増え始め、最初は娘さんがお手伝いしてましたが、行列での時間待ち状況は続いてました、所が当日は構造改革?お手伝いさん3名と娘さんで女性が4名、それと息子さん?、とご主人の6名、待ち時間も僅か10分驚くほどの短時間でした、下山は11時半頃でしたが、山頂は80名程に増え、皆さんの目的は同じ、でも、多分待ち時間はそんなに掛からないと思いました。

【名物】
画像


本題ですが、下山を始めて鍋割峠まで下りた付近から、腿の付け根付近がまた痛みはじめ、庇いながらの下山、二股からの林道歩きは更にきつく、足を引きずりながらやっと大倉に到着しました。

翌日になっても痛みが治まらず、念のため「芍薬甘草湯」を服用、その翌日痛みは少し残りましたが、念の為に近所の「整形外科」を受診、股関節のレントゲン検査で異常が見られず、やっと安心しました。

自分なりに考察、多分この日は、雪道など足元の悪さを考えて「登山靴」(片足1KG)着用での一部舗装の長い林道歩き?が原因?、と勝手に判断、この先も山登りが続けられそう・・・ほっとしました。

当日のルート図

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント