テーマ:山歩き

堂平ルート

堂平登山口(下は晴れてましたが・・・) 丹沢山頂は濃いガスに覆われてました(12月13日9時30分頃) みやま山荘に用事が有って、久しぶりに堂平経由で丹沢山に行って来ました、堂平は私の丹沢登りと、その後の無線機を背負っての山登りに嵌り込んだ原点の様な気がします、それ迄丹沢には皆様と同じ様に年に数度ほど登る程度でしたが、20年…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山小屋のサービス

塩見小屋 ここの所、環境対策の名の下に、ネットで山小屋の事が色んな形で話題になりますが、良い山小屋の条件を考えて見ました。 最近、山小屋で困る事は、一番はゴミの事です、特に困るのは小屋で貰うお弁当、小屋にも依りますが、最悪は前夜に作った冷たいボロボロのご飯の上に佃煮が載り、気持ちの悪いくらい黄色い沢庵の色に染まったご飯、半分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

山の昼食・ランチパック

1泊以上の山での昼食、山小屋から弁当を頂いても、困るのは不味くて残した時、以前は途中の小屋で捨てられましたが、現在は最後まで背負って居なければならない事です。 それで、有る頃から、3日分ほどは、賞味期限は20時間?のコンビニのおにぎりを持って行く様にしてました、赤飯おにぎりは一番最後に回します、バーナーを持参して、ポリ袋に入れて輪…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大山・雷神社探検・敗退

丹沢仙人さん達のサイトに出て居たゲート 何時も見させて頂くだけのVルートフアンの私、話題に出て居た「雷神社」、自分でも行けそうな気がして、大山散歩ルートの途中、回り道して見ました、スパイク付き長靴、補助ザイル20m、おまけに防虫スプレー、ハッカ油、もリュックに入れて。 イガイガさんの地図をプリントアウトして持参、長靴に履き替え戦…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

電車で簡単に行ける尾瀬

尾瀬沼 沼尻 続々と小学生達の群、日帰りだそうです 尾瀬と云いますと、旅行会社のツアーとか仲間や家族で車で・・、とかが常識に思ってましたが、調査しました所、都心から電車で簡単に行ける方法が見つかりました、これですと、好きな日に好きな時に、一人でも、ご夫婦でも簡単に行けます。 浅草(7.10)--北千住(7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

矢倉岳・2007年最終ハイク

「新老人の会・山の会」の2007年最終は、「矢倉岳」、今回もお天気に恵まれ、大涌谷の噴出蒸気まで見える程、あまりにも眺めが良く、皆さん“帰りたくない!”の連発、山頂に2時間程滞在、今年は予定した6箇所、全てお天気にも恵まれ、予定日通りでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南丹沢の楽しい案内標識

制作した方? 明神峠から世附峠、浅瀬、丹沢湖のコース、一度行って見ようと思って居りました所、イガイガさんのブログに刺激されて行って参りました。 イガイガさんも紹介して居られた、案内標識、大変な労作で、地名、案内、注意事項の他色んな書込が有って、次に現れる標識を期待しながらの楽しい散歩でした。 標識に付いては苦い経験が有りま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「三ツ峠」で記念写真を撮る方法は・・・

ふと思いました、薄曇りや裾に雲が有るときは何とかなりそうですが、こんな綺麗な富士山をバックに記念写真ほんとに撮れるかしら、富士のほぼ真北しかも少し東寄りですので、日中は殆ど逆光、丁度真横に太陽が出た状態でもこの通り石碑の文字が見えません。 沢山の登山者、皆さん盛んに記念写真を撮って居りましたが、プロならば何とかなるかしら?、果たし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

青空とブロッケン現象

11/05・男体山にて 私の場合、朝早く山頂へ到着する事が多いので、影○○山やブロッケン現象には良く遇いますが、こんな快晴の青空と一緒は初めてでした。 当日の山頂・積雪1㎝?(追加アップロード)
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

「白砂山」

ハイマツ、ササ、シャクナゲの道・標高差150m、通過に1.5時間 山頂標識は有りませんでした 好天、素晴らしい眺望、でも、私の足では往復9時間、ほんとに遠い山でした、当日の登山者は15名ほど。 「わたしの天気予報」 fumikai 様、情報有難う御座いました、仰せの通り、登山道は刈り込みが行き届いて、防火線の様な広い道、薮…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

磐梯山・超混雑

やはり山は青空が一番良く似合います。 百名山+地元の里山?、凄い人出、8時から12時までの間、常時200名ほど、やや広い山頂も、座る場所どころか歩く足場の確保も難しいほど、お昼過ぎ下山、山頂から弘法清水までの間、すれ違いを数えたら135名、小屋のご主人が今日は700~800名程と云って居りました。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

白神山地で湿原を持っている山は2ヶ所?

田代岳と田代湿原・田代岳と駒ヶ岳の写真→クリック 私の調査では、白神山地の1000m以上で地図等に名前の有る山は13ヶ所程、名前のないピークは12ヶ所ほど、その中で高層湿原の有る所は、東南部の田代岳と駒ヶ岳だけの様です、駒ヶ岳の湿原は末期に近く、池塘も消えて一部灌木が生え始める状況ですが、田代湿原はほんとに素晴らしく、池塘は、水草…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「鹿島槍ヶ岳」今回は青空でした

鹿島槍ヶ岳山頂の夜明け 百名山で青空の無かった所が数カ所有って登り直して居りますが、此処も前回は雨では有りませんが曇って居て、9月なのに気温が低く湿気を含んだ西風で霧氷の出来る状況でしたのに、今回は・・・。
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

「常念岳」16年ぶりでした

常念岳は16年ぶり、一ノ沢コース、7月豪雨で林道が崩壊の為通行止めで2時間多く歩きました。 常念小屋から山頂まで2時間もかかりました、標高差400m、地図上のコースタイムは1時間、前回は逆から来ましたので判りませんが、皆さんホントに1時間で登るんでしょうね、やはり年令のせいと思います。 たまたま小屋に来て居られた、オーナーの山田…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「破魔射場丸」「米背負峠」「山と高原地図」

仲間と小金沢連嶺最南端の「大谷ヶ丸」での無線交信を計画、当初、「湯ノ沢峠」からの往復を考えて居りました所、「米背負峠」ルートの事を知り、林道の冬季通行止め解除を待って、リボン持参で下調査に行き、道を確認し、所々リボンの付け替えなどをやり、得意になって当日を迎えました所、何と友人の持参した2006年版には、このルートがしっかり載って居…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more